トップページ ≫ リストカット跡を上手に隠す

リストカット跡を上手に隠す

精神的ストレスなどから逃げ出したいと思い、自分の腕を傷つける行為をリストカットといいますが、こうした行為はそう珍しいものではないといわれています。ただ、こうした跡は残ってしまうことも多いので、腕を出さなければならない部分ではうまく隠したいものです。

 

最近はこういったものを隠したいという需要から、手首付近のアクセサリーなどの小物が充実してきています。幅広のバングルやスカーフはもちろん、ブレスレットを重ねづけする人も多くなってきました。おしゃれのひとつですから、そのようなファッションをしているからといって必ずしもリストカットの跡があるとは考えないでくださいね。

 

また、リスカ跡の表面が滑らかな場合はメイクで傷跡を目立ないようにすることも可能です。汗をかいても落ちにくい化粧品を利用しましょう。ファンデーションテープはファンデーションの効果もありますし、粘着力がしっかりしていますから汗でも落ちにくく、外出時でも跡を気にしないですむという優れものです。ただ、肌へはそれなりにダメージがありますから、外出時の他ははずしておいたほうが良いでしょう。

 

今は美容外科などでこうした傷跡を治すためのレーザー治療も行われています。どんな傷でも完全に治るとは言い切れないようですが、かなりの効果があるということで好評です。

 

こうした傷があることによって気になりますし、場合によっては大事な場面で損をすることもあるかもしれません。大事なときのために、上手に隠す技術やアイテムは備えておきたいですね。

Copyright (C) 2017 リストカットの傷跡を消すには?切らずに消す方法 All Rights Reserved.